重要ポイント

1.保険治療を行っている場合

 

社会保険収入についての入金期間が長い場合があり、

売掛金計上時期に注意が必要です。

また、交通事故など自賠責保険関係の治療費も要注意です。

ある程度まとまってから請求するケースが多く、

計上漏れが発生しやすくなっているからです。

 

 

2.個人請求にかかる入金を確認するいわゆる

「消し込み」処理は煩雑になりがちです。

 

施術情報との突き合わせ作業は、

忙しさに追われているとミスにもつながります。

資金繰りの面からいっても、、やはり「個人請求」より

「団体請求」の方が有利に思える事もあるので、要検討項目です。

 

 

3.往診用の車両の購入や求人用の広告などに関する

減価償却費関連の処理も早めの対応が必要です。

 

また、専従者、小規模企業共済、療養費の請求事務にかかわるレセコンのリース料なども、重要なチェックポイントです。

 

 

4.「経費総額が年によって大きく変動している」

  「自由診療収入をきちんと計上できているか」

  「最近、かなり売上げが上がった」

  「かなり以前に税務調査を受けたことがある」

 

などの不安をお持ちの院長先生は、

今すぐ杉浦会計へ御連絡ください。

 

 

カイロプラクティス 整体 マッサージ


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

カイロプラクティス 整体 マッサージ